• 2021/03/12
  • プレスリリース

REALITY、海外向けサービスを正式リリース。アクティブユーザーの64%が海外ユーザーとなり、アプリ平均滞在時間は170分へ。

〜常時接続時代のSNSとして開発をさらに加速するため、採用活動を強化〜

REALITY株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:荒木英士、グリー株式会社100%子会社 以下「REALITY」)はバーチャルライブ配信アプリ「REALITY」の海外向けサービスを正式リリースしました。日本国内に加え、現在8つの国・地域へ英語版の提供を開始しており、すでにアクティブユーザーの64%が海外からの利用となりました。
これに伴い、常時接続型のリアルタイムSNSとしての事業展開をさらに加速するため、社員採用をさらに強化していきます。

reality_now.png

REALITYでは「なりたい自分で、生きていく。」のビジョンのもと個人ユーザー向けにバーチャルライブ配信アプリ「REALITY」事業(以下、REALITY事業)、法人向けに、3D CGやXRテクノロジーを活用したバーチャルライブやバーチャルイベント制作プラットフォーム「REALITY XR cloud」事業(以下、REALITY XR Cloud事業)を展開しています

REALITY事業では国内のアプリ利用が急増しているほか、世界中のユーザーに「なりたい自分で、生きていく。」ことができる環境を提供するため、アプリの英語対応に加え、現時点で日本に加えて8つの国・地域に向けたサービス提供を開始しました。

その結果、2月末時点においてREALITYのアクティブユーザーの半数以上が日本国外のユーザーとなり、また一人当たりの平均滞在時間も170分と、ユーザー数は拡大、かつ非常に活発にご利用いただいています。

またもう一つの事業であるREALITY XR Cloud事業でも、コロナ禍におけるコンサートやイベントのデジタル化需要の高まりを受け法人案件が増加しており、採用を拡大中です。

採用強化にあわせ、より多くの採用候補者の方にREALITYを深く知っていただけるよう、詳しい会社説明資料を公開しましたのでそちらをご覧下さい。

<REALITY会社説明資料>

<関連URL>

・採用サイト:https://reality.inc/jobs/
・募集ポジション:https://hrmos.co/pages/1218800560317673472/jobs

REALITYは、今後もより豊かなアバター表現とコミュニケーション手段の実現を通じて、多くのお客さまに長くお楽しみいただけるサービスを提供していきます。


本件に関するお問い合わせ先

グリー株式会社 広報担当
東京都港区六本木6-10-1 六本木ヒルズ森タワー