• 2020/03/02
  • プレスリリース

バーチャルガールズユニット「KMNZ(ケモノズ)」の新曲「Journey」がJR西日本の訪日外国人向けWEBCMのイメージソングに採用

2020年3月2日から公開開始

株式会社Wright Flyer Live Entertainment(本社:東京都港区、代表取締役社長:荒木英士、グリー株式会社100%子会社、以下「WFLE」)は、バーチャルガールズユニット「KMNZ(ケモノズ)」の新曲「Journey」がJR西日本の訪日外国人向けWEBCMのイメージソングに採用されたことをお知らせします。

0302_1.png

WFLEとIPプロダクションのFictyが共同プロデュースするKMNZは、“けもみみの国”からやってきた犬耳のリタと猫耳のリズからなるガールズデュオで、バーチャルライブ配信アプリ「REALITY」やYouTube等にて2018年6月より活動しています。
2019年11月には初のオリジナルアルバム「KMNVERSE」をリリース。イベントや音楽ライブに出演してパフォーマンスするなど、音楽アーティスト活動を積極的に展開しています。

JR西日本訪日外国人向けWEBCMのイメージソングに採用された背景には、JR西日本がCMで表現したい「旅に出るワクワク感」を、KMNZがこれまで提供してきた楽曲や、海外イベントに毎年出演しさまざまな国の人々を魅了する姿からイメージできたことをきっかけに、楽曲制作のオファーをいただきました。今回のWEBCMのイメージソング用に書き下ろした「Journey」は、「旅に出るワクワク感」はもちろんのこと、「新しい気づきを発見する素晴らしさ」、「初めて日本を旅するドキドキ感」を想像して作成しました。KMNZがCMのイメージソングに起用されたのは初めてになります。

URL:https://www.youtube.com/watch?v=lpwg61hZpa4&feature=youtu.be

タイトル Journey
作詞 C. Yaca
作曲 YACA IN DA HOUSE
KMNZ

KMNZの新曲「Journey」は、2020年にデジタル配信でリリース予定です。

WFLEは今後もより豊かなアバター表現とコミュニケーション手段の実現を通じて、「なりたい自分で、生きていく」というビジョンの実現に邁進していきます。

「REALITY」とは

REALITYは、スマートフォン向けバーチャルライブ配信アプリです。簡単な操作で自分だけのオリジナルアバターを作成し、モーションキャプチャ技術を用いたリアルなライブ配信を通じて視聴者とコミュニケーションを取ったり、受け取ったギフトを通じて収益化したりすることができます。また人気VTuberの出演する番組が定期的に配信されるなど、5GやVR/ARの普及を見据えて最先端のインタラクティブエンターテインメントを提案し続けています。

以上

本件に関するお問い合わせ先

グリー株式会社 広報担当
東京都港区六本木6-10-1 六本木ヒルズ森タワー